英語を話せるようになるために実践すべき8つのポイントとは?

信条 英語が話せるようになるゴール

俺が英語を話せるようになるために実践した八ヶ条、魂こめて書きました!

英会話上達のためのハウツーは英語が話せるためだけのものではありません。強い精神面と行動力を養なうことをお約束できます。下記、8条目を簡単にまとめました。8心得で何事も為せば成る!!!

 第一条:恥ずかしがらずに大きな声で話す。

とにかく大きな声で話すように努力しました。相手に威圧感さえ与えるくらいに強めの大きな声で、話してみてください。不思議なもので、小さな声で不安そうに話した時は、何度も聞き返されましたが、大きな声で話すと聞き返されませんでした。そのうち自分の中に自信のようなものが芽生えてきます。

理由としては、日本語は母音+子音の言葉ですが、英語は子音が連続しています。だから、小さい声で話すと、聞き取れません。聞き返されてしまう。でもその聞き返されている理由は、「声が小さくて聞こえないよ。」という意味なのですが、英語にコンプレックスを持っている日本人は、「文法や発音、もう全てがだめだから聞き取れないよ。」みたいに言われていると勝手に思い込んでしまうからです。(まさに昔の俺でした。)

 

 第二条:発音や間違いを気にするな。

理由は下記によるものです。これを知ってから、俺はまちがいをおそれなくなりました。

現在、英語は世界共通語です。アメリカやイギリスだけのことばではありません。いろんな国の人たちが、英語を話しています。ましてや、英語圏で暮らしている移民の人たちにとっては、英語は第一言語(母語)ではありません。いろんなバックグランドの方達が、英語圏で英語を話しています。国や地域のなまりもあります。英語のレベルや単語量も人それぞれです。そんな方達全員が、パーフェクトな発音で、パーフェクトな文法で、高度な単語を使って、英語を話していると思いますか?

 

 第三条:相手の目を見ながら聞く。相づちをうつ。

今のは聞き取れたなあ、今のは聞き取れなかったなあというような、初期からちょっと時間が経った時に、試してみたら効果抜群でした。相手の目をじっと見つめるくらいのつもりで試してみてください。もちろん話す時も、相手の目を見て話してください。俺は、この時期、グループや動画だと全く聞き取れませんでしたが、二人きりで面と向かって目を見ながら話すと、90パーセントくらい聞き取れました。モチベーション、かなりあがりますよ。

理由としては、聞き取れない小さな音をみのがさないからだと思います。また、一対一の対話なので、目を見つめたり、相づちを打ったりしているうちに、双方に「聞き取りたい、伝えたい。」というなんか波動のようなものをなんとなく感じました。そんなバカなって思うかもしれませんが、実際に試してみたら、俺が言ってることに同感されると思います。

 

以上の三ヶ条は、実力以上の英語力を発揮します。俺、最初は信じてなかったんですが、間違いないです。信じたもん勝ち、やったもん勝ちです。ぜひ、試してみてください。

 

 第四ヶ条:単語は覚えやすいものから覚えていく

単語に関しては、一日100−200語くらいのペースで覚えていくほうが、少しずつ確実に覚えていくより、ずっと効率的でした。とにかく覚えやすいものから覚えていく。そして、ドバーと一気におぼえて、ドバーと忘れる。それを何回か繰り返していくうちに、覚えます。あと、どうしても覚えられない単語は、Googleで、英語でタイプして、画像でサーチします。その単語のイメージする絵がいっぱいでてくるのでそれらをざーっと見ていく。単語って、ある程度イメージできないと覚えられないなあというのが、俺の実感です。

 

 第五ヶ条:短い文を作る。一文に一つの情報を入れる。

会話文の場合、変に長い文をつくると、聞き手が混乱します。短い文で簡潔に作ったほうが、相手に伝わりやすいですし、自分自身の頭の中も、自分の言いたいことが整理できます。

 

 第六ヶ条:知ってる文法、単語でなんとか言ってのける。

頭の中に描いている文を、そのまま英語に訳せないからといってパニクってはだめです。(まさに以前の俺でした。) 自分の知ってる英語力で、言ってのけるくせをつけてください。 ヒントとしては、自分が親になった気分で、自分の小さな子供に説明しているようなところを想像して、文を作成してみてください。そうすれば、簡単な単語と文法で、短い文ができあがるはずです。

 

 第七ヶ条:うまく伝えられないときは、自分が何を言いたいのか を再度考えてみる。

自分の言いたいことがうまく英語で言えない時は、その内容を、たとえ日本語で話したとしても、相手に理解してもらえないことが多いです。そういう時は、自分はいったいなにが言いたいのかを、もう一度考えてみてください。抽象的な内容なら、具体的な例をだして説明すればいいです。

 

 第八ヶ条:あせらず続ける。

勉強しているわりには、ちっとも上達していないなあと思ったら、しばらく待ってください。食べるときと同じで、消化時間が必要なんです。あせらず、気にせず、続行してください。俺の場合、「昨日はうまく聞き取れたし話すこともできたけど、今日はまったくだめだった。」みたいな時期が3週間以上続きました。壁にぶち当たっている時は、上達する一歩前だと思ってください。

 

以上の八ヶ条、魂をこめて書かせていただきました。

ぜひ、信じて実行してみてください!

 

→ 英語が上達していかないと悩みやあせりを感じたら

 

オススメ教材3選とビギナーのための学習法

英語が話せるようになりたい! いつか海外で働いてみたい!

でも、なにからどのように始めたらいいかわからない。
初心者の私に合う教材ってどれ?
飽きっぽい私に合う学習方法は?

記事:「英会話ビギナーレベルの方ならこの3教材がベスト!」

記事:「英会話を一から始める学習方法ならこの2ステップ!」

カナダで日本語インストラクター、シンガポールで英会話教師の経験者が
「短時間+低コストの学習方法と教材」を記事にしてまとめました。

ぜひご一読ください。英会話学習の参考になれば幸いです。

 

関連記事

満月 侍 teach me Japanese

外国人から日本語を習いたいと言われたら友達作りと英語習得の一石二鳥

ボーリング ピン 先頭

英会話の上達は加速の法則にあてはまるのはなぜか?

国際化する日本:美容系・美容師の悩み相談「英語へのプレッシャー」

自分自身 自信 好き 英語学種

英語が少し話せるようになったら自分が好きになってきた。

お坊さん レッスン けいこ 教える

シンガポールで英会話レッスンをするのはどんな人たち?

[必見中の必見]英文をそくざにつくる英会話成功への最短近道(基礎編)