誰も教えなかったBe動詞と一般動詞の使いわけを1分で解説!

be動詞 一般動詞 違い 使い分け

Be動詞と一般動詞の使いわけが一瞬でわかる方法をこっそり教えちゃいます!

動詞には、Be動詞と一般動詞しかありません。それなのにBe動詞と一般動詞の使い分けができない人がたくさんいます。そこで、一瞬にしてBe動詞と一般動詞の使い分けができる方法をこっそり教えちゃいます!この方法を知ったら迷ってるヒマなし。あっという間に使い分けができます。

 

こんにちは!

ケイスケです。

「Be動詞と一般動詞ってわかっているようでいまひとつわからない。いつもまよってしまう。使い分けができない。なんか混乱しちゃってる。」って思ってませんか?

それなのに、そんな基礎的なこといまさら聞けないって、思ってませんか?

俺は、思ってました。

で、俺の英語の先生である俺の叔母に聞いたら、ほとんどの生徒さんが、Be動詞と一般動詞がわからないから教えてって聞きに来るって。

なーんだ。ちっとも恥ずかしくない質問だったんですね。

実は、ちょっとしたヒントで、Be動詞と一般動詞の使い分けができるようになります。

まずは基礎知識として、(基礎知識は知ってるよーと言う方は、俺と叔母の下の吹き出しに進んでください。)

動詞には、Be動詞と一般動詞しかありません。一般動詞は、字のごとく動きをあらわす単語で、Be動詞は、be,am, is, are, was, were です。

Be動詞はA=B、 すなわち AとBが同じものであるということを示します。さらに、もう一つの意味としては、『人が〜にいる』『ものが〜にある』という意味を表わすことがあります。

疑問文はBe動詞を前にだします。<Be動詞+主語〜?> This is a dog. は、 Is this a dog? となります。 You are Japanese. は、 Are you Japanese? となります。

あほな俺でも、上記のことは知っているつもりです。でもまだモヤモヤしてて、しっくりこない。なんかかゆいところに手が届いてないような。。。

そこで、叔母に聞きました。吹き出しの登場です。


Be動詞と一般動詞の使いわけがいまひとつわからない。Are you eat Sushi?  と Do you eat Sushi? の違いがわからない。
叔母さん

叔母さん
いいわよ。まず、『あなたはおすしをたべますか?』って英語で言いたかったら、動詞はなに?」  

食べる  
叔母さん

叔母さん
そうよね。ならば、それは動きをあらわす動詞だから一般動詞、従って、Do よね。Are はおかしいよね。だから、Are you eat Sushi?  はまちがってるよね。 Do you eat Sushi? は正解です。

そっかあ。じゃあ Be動詞はどういう時につかうの?  
叔母さん

叔母さん
たとえばね、ケイスケがなにか伝えたい文を日本語で考えた時、動詞が一体なんなのかわかんないって思ったら、そういうときはBe動詞が当てはまるケースがほとんどよ。  

 えっ、たとえば? 
叔母さん

叔母さん
んじゃ聞きます。僕は女の子が好きです。の動詞はなに? 

 好きです、で like でしょ? 
叔母さん

叔母さん
そうよ。では、ぼくはテニスをします。の動詞は?  

 します、で do 
叔母さん

叔母さん
じゃあ、これは私の甥です。の動詞は?  

 えっ? 『です』かな? そのケースは動詞がない。いや待てよ。動詞は必ずあるんだよな。よくわからない。 
叔母さん

叔母さん
いいわよ。じゃ、僕は彼女とカフェに行く。だったら? 

 行く。 
叔母さん

叔母さん
んじゃ、あのきれいな女性はぼくの叔母さんです。なら?  

 えっ、文の内容もさながら、動詞もわかんないなあ、また動詞がないような気分になってしまう。。。 
叔母さん

叔母さん
んじゃ、私のバッグは机の上にあります。なら?  

 あります。ありますと居ますは、Be動詞だから、その文は、Be動詞をつかわないといけない。
叔母さん

叔母さん
そのとおり。わかってるじゃん。  

えっ、わかってないよ。あーそうか、そういうことか、上記の動詞がないような気がする文の場合は、Be動詞だよって言いたいんだね。上記の、「これはわたしの甥です。」は、This is my nephew. で、「あのきれいな女性はぼくの叔母さんです。」は、The beautiful woman is my aunt. だね。 
叔母さん

叔母さん
そう、そのとおりです。

「そのとおりです。」の動詞は、そっか、Be動詞をつかわないといけない。That is right. だ。  
叔母さん

叔母さん
もう、わかったわね。  

「わかったわね。」は、動詞はわかったでunderstand だ。
叔母さん

叔母さん
あーあ、もうやってられないわ。。。  

「やってられない」って英語でなんて言うの?
叔母さん

叔母さん
I can’t take it. とか、 I can’t take it anymore. って言うわ。ちなみにこの場合は、can が 助動詞で、 take が動詞よ。 

I got it!  It’s crystal clear! 前回のレッスンちゃんとおぼえてるよ。「わかったよ。クリアにわかった。」って意味だった。あはは、英語っておもしろいな。
叔母さん

叔母さん
ケイスケって、ホントにめでたいわね。(こんな人にお嫁さんなんてくるのかしら。。。)  

 

どうしでしたか?なんとなく感覚つかめましたか?

日本語で考えた時、動詞が一体なんなのかわかんないって思ったら、そういうときはBe動詞かなって思ってください。

以上、Be動詞と一般動詞の使い分けを一瞬にして識別できる方法でしたあ!

 

→ itから始まる文の作り方がわからない

→ interested と interesting の違いを一言で説明してみた!

***おまけです。***

3分間英会話レッスンです。

Keisuke: Have you ever been to Japan?

日本に行ったことがありますか?

Have you ever been to〜:今までに〜したことがありますか?

 

Customer: No, I haven’t. But I really want to go there someday.

いや、ないんだよ。でも本当にいつか行ってみたいと思ってるよ。

someday:いつか

 

Keisuke: I recommend you to visit Japan in Spring time.

春に日本を訪れるといいですよ。

recommend :[を} 推薦する

 

Customer: Oh yes, I know what you mean. It’s a big event ….. Japanese flower. Oh I can’t recall the name of the flower.

ああ、君の言ってることわかるよ。大きな行事だろ。あーなんだったけなあ、日本の花。んー思い出せないな、その花の名前が。。。

recall:[を] 思い出す

 

Keisuke: It’s cherry blossoms. We call it Hanami. It is the one of the famous events in Japan. In English, I believe cherry blossom viewing.

桜です。ぼくたちは「花見」と呼んでいます。それ(花見)は日本の有名な行事のひとつです。英語だと、たしか「チェリーブロッサム」です。

call A B:AをBと呼ぶ

 

Customer: Yes. That’s the one. How good is it?

そうだ、それだよ。どんな感じなのかなあ。(どれくらいいいのかなあ。)

 

Keisuke: It’s absolutely gorgeous. The cherry blossoms are so beautiful and are only in bloom for a few days. During Hanami, many people go to parks and have picnics under the cherry trees. It is a wonderful time of year in Japan. When my grand father was alive, he was crazy about Hanami. I think that he liked that event because everyone was in an enjoyable party mood.

まったくもって豪華です。桜の花は美しいし、それにほんの数日間しか咲いてないんですよ。花見の時期は、たくさんの人が公園に行って桜の木の下でピクニックを(食べて飲んで)します。日本でのすばらしい季節ですよ。ぼくの祖父が生きていたとき、祖父は花見が大好きでした。思うに、彼は、みんながパーティムードで楽しんでいるのが好きだったんだと思います。

during:〜の間中

be crazy about:〜に夢中になっている

 

Customer: Wow. I will tell my wife about it after my hair cut is done. Thanks, Keisuke.

うわあ。いいね。このヘアカットが終わった後、ぼくの妻とこの話をするよ、ケイスケ、ありがとうね。

 

Keisuke: You’re welcome. By the way, your hair for today is an image of cherry blossom.

とんでもないですよ!ところで、今日のヘアカットは花見をイメージさせてもらいました。

 

Customer: What?

なんだって?

 

Keisuke: Just kidding.

冗談ですよ!

just kidding:冗談です

 

王道なストーリーですが、この会話ストーリーはまちがいなく、ヘアサロンの接客トークに使えます!

ぜひ使ってください!

お役にたてれば心からうれしいです!!!

 

* この英文はカナディアンナチュラルスピーカーによってチェック済みです。

 

最後まで読んでくださいまして、どうもありがとうございました!

オススメ教材3選とビギナーのための学習法

英語が話せるようになりたい! いつか海外で働いてみたい!

でも、なにからどのように始めたらいいかわからない。
初心者の私に合う教材ってどれ?
飽きっぽい私に合う学習方法は?

記事:「英会話ビギナーレベルの方ならこの3教材がベスト!」

記事:「英会話を一から始める学習方法ならこの2ステップ!」

カナダで日本語インストラクター、シンガポールで英会話教師の経験者が
「短時間+低コストの学習方法と教材」を記事にしてまとめました。

ぜひご一読ください。英会話学習の参考になれば幸いです。

 

関連記事

爆笑編:英語の発音が少し違うだけでドえらいことになる動画2選!

itから始まる文 どのように

It から始まる文の作り方がわからない!どういう時に使うのかを解説

類似 違い 使い分け 見分け 英語

interested と interesting の違いを一言で説明してみた! 

名詞 まぎらわしい 使い方

たった1分で意味の似ている英単語(名詞編)の使い分けを解説します!

Letの使い方

Letの使い方:Letが使えると英語が上手だと勘違いされます!

ホラー映画で英文法を習えばこわおもしろ簡単!頭にスラスラ入る(パート1)