外国人と英語で話す機会を見つける方法:実際に試したことはこれ!

2020年は外国人を目の前にして自分の英語力をチェックできるチャンスがたくさんあるって気づいてた?

外国人と話す機会なんかないのにどうやって英語を習えばいいの?人工知能アプリやオンラインじゃなくて、リアルな外国人を目の前にして話してみたい。おまかせデス!解決案は私の経験談から。ぜひ皆さんも試してみてください。2020年は外国人に自分の英語が通じるか、あるいは相手の英語が聞き取れるかをチェックできる最高のチャンス時です。

困っている様子の外国人を見たらとにかく話しかける!!!

ケイスケの叔母です。こんにちは!

今日は、私がどのようにして外国人と英語を話すきっかけを作ったかを、私の経験からお話したいと思います。

 

私は若い頃、東京の下北沢というところに住んでいました。学生の街でアンティークショップやユニークな雑貨屋さんが何件かあって私のお気に入りの町でした。でも当時は外国人はあんまり見かけませんでした。

( ちなみにこの「当時」はいったいどのようなご時世かというと、ずばり「バブル時代」です。ピンとこない人は平野ノラさんの「バブリー美奈子」をイメージしてください。)

当時、私は駅前留学NOVAという英会話学校に何ヶ月か通っていたので、そこの英会話学校で外国人インストラクターを見るくらいで、他には外国人のお友達を作るなんてムリムリ状況。。。

でも、当時の私はこんなことをいつも願っていたんです。↓

ほんのひとことでもふたことでもいいから、自分の英語を外国人に聞いてもらいたい。どんな反応をするだろうか? はたして通じるだろうか?

英会話学校のインストラクターのようなゆっくり+はっきりスピーキングではなく、(なまいきにも)ネイティブスピードの英語を一秒でもいいから直接聞いてみたい。どれくらい速く話すんだろう? はたして聞き取れるだろうか?

こんなことを毎日考えていたんです。

 

なんとかして外国人と話したい!!!

 

でもどうやって???

 

で、ひらめいたんです!!!

 

下北沢に行くには、渋谷から井の頭線、新宿から小田急線という電車がでています。ご存知のとおり、渋谷も新宿もとても大きい駅です。

外国人の方たち、けっこういるんですよ。

で私、道に迷っている外国人観光客を見つけては、話しかけたんです。

「Are you lost?」「May I help you?」って。

もしくは、電車マップを見てチケット購入できずにたたずんでいる外国人を見ては走っていって、

「Where would you like to go?」「Do you need my help?」って。

もうドキドキ、ワクワクでした。

なんとか通じました!でも相手がなんと言ってるかがわからないことがけっこうありました!

でも私はものすごく嬉しかったです。なんかうまく表現できないんですけど「もっと英語がんばろ〜!」っていうモチベが湧いてくるんですよね。

でもこの経験ってちょっとしたくふうが必要です。それは、話しかける人の選抜です。

まず、基本的に見知らぬ人に話しかけるのですから、なんとなく失礼だし、第一に「変な人」になってしまいます。特に当時の日本女性のイメージって「イエローキャブ」という悪イメージが広まっていたので、誤解をされないように老夫婦の外国人観光客を選んで話しかけていきました。

で、試してみてわかったんですけど、実際に老夫婦の方たちって助けが必要なことがたくさんあるんですよ。

日本人よりもシャイで、どうしたらいいのかわからなくて困っているような方たちってけっこういますよ。

だから自意識過剰にならず、困っていそうな外国人の方を見かけたらサラッと話しかけてみてください。

これなら、こちらも自分の英語力をチェックできるというメリットがあり、相手も困っていることが解決されるというメリットがありますので、両者がハッピーになれます!

こういうのって英語で「mutual benefit」(ミューチュアル ベネフィット)って言います。日本語だと「相互利益」という意味です。双方にとって利益があるという意味です。

 

2020年の英語学習方法の一つとして:外国人に助けの手をさしのべよう! 

2020年にかけて、たくさんの外人客が日本を訪れると思います。英語は世界の共通語ですから、いろんな国の方が英語でコミュニケーションをとろうとするはずです。

道で迷っている人、切符購入方法や行き先までの料金がわからない人、バス料金をまちがえて払おうとしている人、観光ガイドブックの地図を片手に途方に暮れている人、スーパーやコンビニで何かを捜している様子の人、レストランで注文がうまくできなくて周りにだれか助けてくれる人がいないかとキョロキョロ見まわしている人、または店員さんがうまく英語が話せなくて困っている場合も、バスの運転手さんが「そこにはとまらないですよ。」と英語で言えなくて弱り顔をしているときにも、とにかく自分の英語がもしかしたら小さなヘルプにつながるかなっと思ったら、ためらわず謙虚な態度で話しかけてみてください。

日本を訪れる外国人の方たち全員が携帯やグーグルマップの使い方を知っているとはかぎりません。他国で現代ツールにもたよれず、困惑している方たちを助けることは、自分にとっての英語学習のためだけにとどまらず、ヒトとしてもたいせつな行動です。(しかしながら知らない人たちに対しての行動になるわけですから、くれぐれも自分の身の安全は守ってくださいね!)

 

2020年はいろんな国特有の英語アクセントを聞くことができるチャンスです!もったいなくて見逃せないゾ!!!

2020年はいろいろな国の人たちが日本に滞在することでしょう。ということは、いろんな国のなまり(アクセント)がある英語を聞くことができるチャンスです。

どういうことかというと、英語は世界の共通語ですから、一般的に母国語が英語でない人たちも英語で日本人に話しかけようとするはずです。でもその方たちの英語は母国語のアクセントのついた英語ですので、どうしてもアメリカのドラマやイギリスの映画で聞こえる英語とはアクセントが違います。日本人が話す英語も、英語なのにどこか日本語っぽい英語に聞こえますよね。それと同じです。

英語が母国語のアメリカとイギリスだって、この2国の英語のアクセントってちがいます。アメリカ英語は単語の語尾を次の単語の頭につなげるため、各単語をはっきりと発音しません。それに反してイギリス英語は各単語をはっきりと発音する傾向があります。さらにはアメリカ国内でも地域によってその地域特有のアクセントがあります。まっ、日本でも博多弁で(個人的に福岡出身なので)日本語を話すようなものです。

2020年はオリンピックのある年ですから、いろんな国々の人が日本を訪れます。ですから、いろんな国特有のアクセントで話している英語を聞くチャンスがあるということです。

2020年、英語でたくさんの国の風を感じてくださいね!(タダでできるっちゃけん、試さんかったらもったいなかろうが!!!というのもホンネです。。。)

 

さいごに

英語が話したくてたまらないと思っている人は、ぜひ困っている外国人の方に手をさしのべてあげてください。自分自身の望んでいることを達成することが同時に人助けになっている。そして、助けてもらっているその外国人の方たちも実はあなたに助けの手を差しのべていることになりますね。

ぜひぜひ、試してくださいね!!!

(くりかえしますが、常識を働かせて分別ある行動をしてくださいね!!!)

 

さいごまで読んでくださいまして、どうもありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

オススメ教材3選とビギナーのための学習法

英語が話せるようになりたい! いつか海外で働いてみたい!

でも、なにからどのように始めたらいいかわからない。
初心者の私に合う教材ってどれ?
飽きっぽい私に合う学習方法は?

記事:「英会話ビギナーレベルの方ならこの3教材がベスト!」

記事:「英会話を一から始める学習方法ならこの2ステップ!」

カナダで日本語インストラクター、シンガポールで英会話教師の経験者が
「短時間+低コストの学習方法と教材」を記事にしてまとめました。

ぜひご一読ください。英会話学習の参考になれば幸いです。

 

関連記事

信条 英語が話せるようになるゴール

英語を話せるようになるために実践すべき8つのポイントとは?

なりたい自分 強い動機

英語が話せない。英語が話せるようになりたい。

time for change open sign

英語を話せるとチョイスのある人生をもつことができます!

自分自身 自信 好き 英語学種

英語が少し話せるようになったら自分が好きになってきた。

英語の上達 悩む 

英語が上達していかないと悩みやあせりを感じたら。。。

美容師は将来的に英語が話せたほうがいいに決まってるのに勉強しない理由