テンプレでおぼえるサロン英会話5( May I 〜 ?, Could I 〜?)

ヘアスタイリストの接客テンプレ「 May  I 〜  ?」と「Could  I 〜 ? 」  

Hair Salon で美容師さんがお客様に「(お客様に) 〜 してもいいですか?」と尋ねたいなら「May  I  〜? 」か「Could  I 〜?」でフレーズ作り!

このテンプレートで覚えるサロン英会話フレーズは10回まであります。

今回は第5回目です。お客様に許可を求める表現です。

「May I ~?」「Could I ~?」についてです。

この中にでてくるテンプレートさえ覚えてしまえば、文法なんて気にすることなく、ヘアスタイリストとして、お客様と、お話しすることができます。アジア諸国の方達が文法など知らずに英語をぺらぺら喋っているのは、これらのテンプレートを知っているからです。’セッカク’だから’接客’テンプレで作成したフレーズ、おぼえちゃってくださーい!(’セッカク’と’接客’の親父ギャグです。どひぁ)

学習法: 記事タイトル下の写真のすぐ下に「目次」があります。この「目次」横の[SHOW]をクリックして開いていただくと、下の例文の日本語訳のみが見れるようになっています。各日本語訳を見て英語でフレーズが言えるか復習できるようにしてありますので、ぜひお使いください。クリックすると英文に飛びます。( [HIDE]の場合は日本語訳が全て見れるはずです。)


先日、習った「Could you 〜?」は、僕らがお客様に対してしていただきたいお願いごとを伝えるテンプレートだったよね。そんでもって「Would you like 」から始まるテンプレートは、僕らじゃなくて、お客さんが〜したいかどうかを知りたい時につかう表現だったよね。で、今日の「May I  〜?」と「Could I〜?」 は、お客様に対して、自分が 〜 してもいいかという表現だね。って言いながらも、この段階ですでに頭ん中混んがらってるのは俺だけだろうか?  
叔母さん

叔母さん
 あはは、なんかぐちゃぐちゃになっちゃうね。整理してみましょう。

まずは、「Could you 〜?」と「Would you like to 〜 ?」は、「you が主語」 だから、「あなた/先方」が主語です!

「Could you 〜?」は「Can you 〜 ?」の丁寧版だから「あなたは〜できますか?→(あなたが)〜してくださいますか?」という意味です。先方に頼んでいるのよね!

「Would you like to 〜 ?」は「 Do you want to 〜 ?」の丁寧版だから、「あなたは〜したですか?→(あなたは)〜なさりたいですか?」という意味です。先方の希望を尋ねているのよね!

 

次に、「May I 〜?」と「Could I 〜?」は、「I が主語」だから、「私」 が主語です!

「May I 〜?」は「(私は) 〜 してもいいですか?」という意味です。先方に許可を求めているのよね。

「Could I 〜?」は「 Can I 〜 ?」の丁寧版だから、「(私は) 〜 することができますか?→ (私は) 〜 してもいいですか?」という意味です。先方に自分がしたいことが可能かどうかを尋ねているのよね。

どう?すっきりしたかしら?


そっかそっか。主語を考えてみれば一目瞭然だよね。「Could you 〜?」と「Would you like to 〜 ?」は「あなた/先方」が主語で、「May I 〜?」と「Could I 〜?」は「私」 が主語なんだ! 考えてみれば単純だな。俺ってきちんと考えもせずにちょっとパニクるところがあるんだよな。。。
叔母さん

叔母さん
接客フレーズは、カジュアルな言い方ではなくて、丁寧な表現になるでしょ。だからなんとなくフレーズ自体が紛らわしいのよね。私、ケイスケがこんがらがっちゃう気持ち、よくわかるわ。

ではすっきりしたところで、「May I 〜?」と「Could I 〜?」を使って(私は) 〜 してもいいですか?」という表現フレーズを作っていきますね。

 

「May I 〜 ?」のテンプレです。

 

では、始めますが、May I 〜 ,  Could I 〜 の 〜 の部分には動詞 がきます。

動詞とは、まさに動作を示す詞で、食べる、走る、行く、住む等、その数は山ほどあります。これらの動作を示す動詞の他に、もう一つだけ違う種類の動詞があって、「それは〜です。」とか「居ます。あります。」と訳せる詞で、be(am is, are) です。

それでは、このテンプレでフレーズを作ってみます。

 

お名前をいただけますでしょうか?

May I have your name, please ?

May I have の have の代わりに ask を使う方がいらっしゃいますが、May I ask 〜? だと、尋ねづらいことを聞くときや質問することに躊躇してしまうような状況のときに、よくネイティブの方たちが使います。ヘアサロンで予約を承わるときは、名前や連絡先は聞いておかなければならない必須事項なので、「have」が適しています。

 

ご連絡先をいただけますでしょうか?

May I have your contact number, please ?

「May I 〜 , please?」のように、文末に please を加えると、「May I 〜 ?」よりもっと丁寧な表現になります。

 

お電話番号をいただけますか?

May I have your phone number, please ?

 

 

おかばんとジャケットをお預かりしてもよろしいでしょうか?

May I keep your bag and jacket ?

 

お顔にフェイスカバーを置いてもよろしいですか?

May I place a face cover on your face ?

 

スタイリングジェルをつけてもよろしいでしょうか?

May I apply styling gel ?

apply:つける 塗布する

 

ヘアワックスやスプレーを使ってもいいですか?

May I use hair wax and spray ?

 

 

「Could I 〜?」のテンプレです。

 

後ろを刈り上げてもいいですか?

Could I crop in the back ?

crop:刈り上げる

 

バリカンを使ってもいいでしょうか?

Could I use hair clippers ?

hair clippers:バリカン

clippers にしても scissors (ハサミ)にしても刃が2つありますので、単語の最後に s をつけて複数形にしてください。pants(ズボン)、 socks(靴下)、 shoes(靴)、そしてスリッパも slippers と最後に s が付き、スリッパーズと発音します。

 

もっと切ってもいいですか?

Could I cut more?

 

毛先を軽くしてもいいでしょうか?

Could I make it thinner on the ends ?

make A  B: A を B にさせる  この文では、it を thinner にさせる

 

もっとレイヤーをいれてもいいでしょうか?

Could I add more layers?

layer:レイヤー

 

根元から軽くしても/すいてもいいでしょうか?

Could I thin it out from the roots ?

たとえば根元から立ち上がるようなスタイルを完成したいときなどに使ってください。

thin out:少なくする 間引きする

 


あのさあ、「〜してもいい?」って聞きたいときに、よく「Can I 〜?」って言ってる人がいるよね?

ってか俺自身もよく言うんだけど。「Can I 〜?」って言ってもいいの?  

叔母さん

叔母さん
ふふふ、あのね、「Can I 〜?」って単純に考えてみると「(私が)〜 ができますか?」って他人に尋ねてるのよね。変よね。自分のことなのにできるかできないかがわからないなんて。

でもね、「can」という単語には、許可を表して「〜してよい。〜して差し支えない」という意味があります。ですから、「〜してもいい?」って聞きたいときに「Can I 〜?」を使ってもいいのよ。

で、使ってもいいんだけれども、「Can I 〜?」はどちらかというとカジュアルな口語表現だから、目上の人や接客の場合には「Can I 〜?」を使わないでください。「Could I 〜?」を使ってください。


なるほどね。じゃあさあ、「Could I 〜?」と「May I 〜?」は同じくらい丁寧なの?  
叔母さん

叔母さん
両方とも丁寧な表現になるわ。でも「May I 〜?」のほうが「Could I 〜?」よりももっと丁寧よ。そして「May I 〜 , please?」にしたらもっと丁寧になるわ。

ザックリ言えば「Could I 〜?」と「May I 〜?」も「〜してもいいですか?」っていう意味だけど、「Could I 〜?」は自分が主体よね。自分がそれができるかどうか/それをしてもいいかどうかを相手に尋ねているわけだから。

一方、「May I 〜?」は相手をより意識していて、文の主体が尋ねている相手になっているわ。だから「May I 〜?」のほうがへりくだった表現になるんだと思うわ。

まっこのあたりのニュアンスが感じ取れなければ、「Could I 〜?」と「May I 〜?」も「〜してもいいですか?」の丁寧版で、「May I 〜?」のほうが「Could I 〜?」よりももっと丁寧だとおぼえておけば問題ないわね。


なんとなくだけど、叔母さんの言いたいことわかるよ。でもまあ簡単に、お客様に対して、「〜 してもいいですか?」と聞きたいときは「Could I 〜?」と「May I 〜?」を使うことにするよ。 

 

さいごまで読んでくださいまして、どうもありがとうございました!

テンプレでおぼえるサロン英会話4

テンプレでおぼえるサロン英会話6

オススメ教材3選とビギナーのための学習法

英語が話せるようになりたい! いつか海外で働いてみたい!

でも、なにからどのように始めたらいいかわからない。
初心者の私に合う教材ってどれ?
飽きっぽい私に合う学習方法は?

記事:「英会話ビギナーレベルの方ならこの3教材がベスト!」

記事:「英会話を一から始める学習方法ならこの2ステップ!」

カナダで日本語インストラクター、シンガポールで英会話教師の経験者が
「短時間+低コストの学習方法と教材」を記事にしてまとめました。

ぜひご一読ください。英会話学習の参考になれば幸いです。

 

関連記事

テンプレでおぼえるサロン英会話10( Have you 〜? Have you ...

テンプレでおぼえるサロン英会話9( Have you 〜? Have you e...

テンプレでおぼえるサロン英会話6( I'm going to 〜, I wil...

テンプレでおぼえるサロン英会話3( Would you like to 〜, W...

テンプレでおぼえるヘアサロン英会話1( Please 〜 . Could you...

テンプレでおぼえるサロン英会話8( How about 〜? How is/wa...