テンプレでおぼえるサロン英会話8( How about 〜? How is/was 〜?)

ヘアスタイリストの接客テンプレ「How about  〜  ?」と「How is/was 〜?」について

Hair Salon で美容師さんがお客様に「 〜 はいかかでしょうか?」と提案したいなら「 How about 〜? 」でフレーズ作り!

このテンプレートで覚えるサロン英会話フレーズは10回まであります。

今回は第8回目です。お客様になにかを提案する表現です。

「How about~?」についてです。

この中にでてくるテンプレートさえ覚えてしまえば、文法なんて気にすることなく、ヘアスタイリストとして、お客様と、お話しすることができます。アジア諸国の方達が文法など知らずに英語をぺらぺら喋っているのは、これらのテンプレートを知っているからです。’セッカク’だから’接客’テンプレで作成したフレーズ、おぼえちゃってくださーい!(’セッカク’と’接客’の親父ギャグです。どひぁ)

学習法: 記事タイトル下の写真のすぐ下に「目次」があります。この「目次」横の[SHOW]をクリックして開いていただくと、下の例文の日本語訳のみが見れるようになっています。各日本語訳を見て英語でフレーズが言えるか復習できるようにしてありますので、ぜひお使いください。クリックすると英文に飛びます。( [HIDE]の場合は日本語訳が全て見れるはずです。)

 

叔母さん

叔母さん
前回は「〜をおすすめします。」というフレーズを習いました。今日もやはりお客様になにかを提案するフレーズです。

ただし、「How about 〜?」にはもうひとつの意味があります。これも知っておくととても便利です。これについては「 〜 はいかがでしょうか?」という例文を紹介した後に説明しますね。


「〜 はいかがでしょうか?」っていうのは、もう美容師にとっては定番のフレーズだよね。見逃せないな。じゃあ始めてください。  

 

「How about 〜 ?」のテンプレです。

「How about 〜?」の「〜」のところには名詞か動名詞がはいります。

名詞とは、人や物の名前を表したことばです。

動名詞とは、動詞+ing (例:eating) のように動詞に ing をつけ「〜すること」という意味になります。動詞に ing をつけることによって、動詞を名詞と同じはたらきにするわけです。

 

では、はじめます!

 

今週の火曜日の4時頃はいかがでしょうか?

How about this Tuesday around 4 o’clock?

around:あたり 〜くらい

状況としては、お客様が火曜日の午後を予約希望していると言ったあとでの受付応対として。

 

(1時の代わりに)2時はいかがでしょうか?

How about 2 o’clock instead (of 1 o’clock)?

instead of:〜の代わりに

状況としては、お客様が1時を指定したとして、その時間とは違う時間をこちらが提案している。

 

こちらのヘアスタイルはいかがですか?

How about this hair style?

状況としては、お客様がどの髪型にするか迷っている。

 

髪全体に染めるよりハイライトはいかがでしょうか?

How about highlights instead of all-over color?

all-over:全体  いたるところに

 

このヘアカラーはどうですか? お客様にとてもよくお似合いになると思いますよ。

How about this hair color? I think it’ll suit you perfectly.

suit:似合う

 

根元だけを染めるのはどうでしょうか?

How about coloring only the roots?

coloring:カラーすること( color+ing で動名詞)

 

叔母さん

叔母さん
どう?感覚つかめたかしら? 

 あのさ、これってさあ「How about」のかわりに「recommend」を使えるよね。 
叔母さん

叔母さん
使えるけど、「How about〜?」の特徴としては、再提案をするときによく使うの

たとえばお客様の髪がとても傷んでいるとします。お客様が「髪が傷んじゃって。。。」と言ったら、美容師さんが「それでしたらトリートメントをおすすめしますよ。」と言ったとします。これは「recommend」を使います。

でも、お客様が「髪が傷んじゃって。。。トリートメントをしようかなって思うんですけど。」と言ったら、美容師さんが「それでしたらヘッドスパはいかがですか?」と言ったとします。こういうときには「How about 〜」がベストね。

要するに、相手が先になにかを提案した後、自分が再提案をしたいときに「How about〜?」を使います。

もちろん、「それでしたらトリートメントよりヘッドスパをおすすめします。」と言ってもいいわ。そうなると「recommend」を使うわよね。


なるほどね。どちらかというと、単に「〜 はいかがですか?」というよりは「それでしたらむしろ 〜 のほうはいかがでしょうか?」っていうニュアンスだね。  
叔母さん

叔母さん
とっても上手に説明したわね、ケイスケ。そう、そんな感じよ! 

 あはははは、ははは、まあね、それくらいのことを理解するのはアサメシマ。。。 
叔母さん

叔母さん
(無視して)では、さきほども言いましたように「How about 〜?」にはもうひとつの使い方があります。

相手の意見や考えを求めるときに使います。「〜 についてどう思いますか/考えますか?」という意味です。 

 

前髪はどうされますか?

How about fringe?

状況としては、サイドや後ろはどうすればいいのか希望を聞いた後、前髪についての希望を聞こうとしている。

 

前髪の長さはどうされますか?

How about the length of fringe?

上と同じような状況下。

 

もみあげはどうされますか?

How about sideburns?

上と同じような状況下。

 

私は辛めの食事が好きです。あなたはどうですか?

(雑談で)I like spicy foods. How about you?

No, I hate spicy foods.  スパイシーフードは大嫌いです。

hate:大嫌い


うん。これは簡単。相手の意見を聞いているんだね。

でもさあ、文は通常、主語があって動詞があるよね。この「How about 〜?」って主語と動詞が抜けてる気がするんだけど。  

叔母さん

叔母さん
そうね。原型は「How do you feel about 〜?」よね。それが「How (do you feel) about  〜 ?」となったの。

あのね。この「How about 〜 ?」ってとても便利なフレーズだからちょっとした会話文を作ってみました。 

 

A: Wow, I’m very tired. How about you?

うわあすっごく疲れちゃったわ。あなたはどう?


このHow about は相手の意見を聞いているんだね。  

B: Oh yeah, I’m exhausted. It was a hard hiking trail, wasn’t it?

ああ、もう疲れきってるよ。ハードなハイキングコースだったね。

A: Yes. You know what? I can’t stop thinking about foods. How about you?

うん。あのね私、食べ物のことを考えてばっかりいるわ。あなたは?


このHow about も相手の意見を聞いているんだ。  

B: Yeah, I’m hungry, too. Actually I’m starving.

ああ、お腹すいてるよ。ってか、ぺこぺこで死にそうだよ。

A: Let’s go to lunch!  Would you like to eat Sushi?

ランチにいきましょうよ。お寿司食べたい?

B: No way. That’s too healthy. How about a hamburger and french fries?

それはないだろ。ヘルシーすぎるね。ハンバーガーとフライドポテトはどう?


 このHow about は提案してるんだ。 

A: Sounds good!!!

いいわね!

 

叔母さん

叔母さん
どうでしたか? 

会話文だと理解しやすいな。

「How about 〜?」の使い方は2つあって、

1.  「 〜 はいかがでしょうか?」または「〜 してはどうですか?」と提案や勧誘するときに使う。

2.  「〜 についてどう思いますか/考えますか?」と相手の意見や考えを求めるときに使う。

だね。

 

「How is/was 〜?」のテンプレ

 

叔母さん

叔母さん
今回、「How is/was〜?」の文を紹介しておきたい理由は、私の経験では多くの生徒さんが「how about〜?」と「How is/was〜?」をごちゃまぜに使うことが多いからです。 

 

「How is 〜?」は現在の様子や状態を尋ねるときに使います。「How was 〜?」は過去に起った様子や状態を尋ねる時に使います。

では例文をいくつか紹介します。

 

仕事はどんな感じ?

How is your work?

 

新地はどうよ?

How is your new place?

 

会話文

A: How is the weather there?(そちらのお天気はどう?)

B: It”s very nice here.(とてもいい天気だよ。)

 

休暇はどうだった?

How was your holiday?

 

昨日のジョディとのデートはどうだった?

How was your date with Jody yesterday?

 

会話文

A: How was the party last night?(昨晩のパーティはどうだった?)

B: That was absolutely awesome. I wish you had joined the party.(めちゃよかったぜ。おまえも来てたらよかったのになあ。。。)

 

叔母さん

叔母さん
ではさいごに、「How about」「 How is」 「How was」を使って例文を作ってみました!

飛行機の中で、

AC: How is your meal?(お食事はどうですか?)

me: Excellent!(すばらしいです。)

AC: How about a desert or a cup of coffee?(デザートかコーヒーはいかがですか?)

me: No, thanks. I’m absolutely full.(いいえ、けっこうです。もう満腹です。)

数日後、

Friend: How was your flight last week?  How was the business seat?(先週のフライトはどうだった?ビジネスシートはどうだったの?)

me: It was great. The  business meal was really nice.(よかったよ!食事はすごくよかったよ。)

 

叔母さん

叔母さん
どうでしたか?How で始まる文というのは、とても便利で使う頻度が高いとは思いますが、その一方、ちょっとむずかしいですよね。What 、Where、 Who、 Which と比べると、なんかスルリと頭に入ってこないというのが実情だとおもいます。多くの人がそう感じるはずです。100パーセント理解する必要なんてないですよ。ああそんなふうに言うんだなあって感じで読んでくださって充分です。あせらず、少しずつ前進していきましょうね! 

 

***おまけです。***

ヘアサロンで使われる「How」で始まる文を考えてみました。

 

どうやって当店をお知りになられたのですか?

How did you know about our salon?

 

お湯加減はいかがでしょうか?

How is the temperature?

 

どれくらい明るくしたいですか?

How much lighter should I make it?

How light /dark do you want to go?

 

どのくらいハイライトをいれたいですか?

How much highlight would you like to get?

 

後ろのアウトラインはどうされたいですか?

How would you like your outline  at the back?

 

ご自宅ではどのようにスタイリングされていらっしゃいますか?

How do you style your hair at home?

 

お気に召しましたか?いかがでしょうか?

How do you like it?

 

お支払いはどのようにされますか?

How would you like to pay?

 

先日購入されたシャンプーはいかがでしたか?

How was the shampoo you purchased the other day? 

(こちらは「How was 〜?」の文です。フォローアップのメール等に使えるかと思います。)

 

以上です。「How」が少し身近に感じられるようになりましたでしょうか?

最後まで読んでくださいまして、どうもありがとうございました!

テンプレでおぼえるサロン英会話7

テンプレでおぼえるサロン英会話9

オススメ教材3選とビギナーのための学習法

英語が話せるようになりたい! いつか海外で働いてみたい!

でも、なにからどのように始めたらいいかわからない。
初心者の私に合う教材ってどれ?
飽きっぽい私に合う学習方法は?

記事:「英会話ビギナーレベルの方ならこの3教材がベスト!」

記事:「英会話を一から始める学習方法ならこの2ステップ!」

カナダで日本語インストラクター、シンガポールで英会話教師の経験者が
「短時間+低コストの学習方法と教材」を記事にしてまとめました。

ぜひご一読ください。英会話学習の参考になれば幸いです。

 

関連記事

テンプレでおぼえるサロン英会話5( May I 〜 ?, Could I 〜?)

テンプレでおぼえるサロン英会話6( I'm going to 〜, I wil...

テンプレでおぼえるサロン英会話7( I recommend that  誰 + ...

テンプレでおぼえるサロン英会話10( Have you 〜? Have you ...

テンプレでおぼえるヘアサロン英会話 2(Thank you for 〜ing. ...

テンプレでおぼえるサロン英会話3( Would you like to 〜, W...